精神障害 | KURAGE online

精神障害 | KURAGE online

「 2023年11月06日 」 の情報 

京都アニ、検察側中間論告要旨 - 北海道新聞デジタル

2023/11/6  

思考に精神障害、妄想の大きな影響があったとは言えない。 定時制高校やコンビニ勤務の経験で培った「適法な手段を検討するだけ無駄」「知らない人は悪」と

血液検査が双極性障害の診断に有用か - メディカルトリビューン

2023/11/6  

論文の筆頭著者である、英ケンブリッジ大学のJakub Tomasik氏は、この検査法により双極性障害 ... 関連タグ. #精神・神経科 · #心療内科 · #基礎医学系 · #うつ病

当時90歳の祖母の頭を叩き…死亡させた孫は起訴内容認めるも「心神喪失状態だった」と無罪を ...

2023/11/6  

一方、検察側は被告の犯行は祖母の態度に腹を立てたことによるもので精神障害は大きな影響を与えていないと指摘しました。 判決は、11月28日に言い渡さ

「犯行を思いとどまる力、減退していない」 京アニ事件の遺族が陳述 - 朝日新聞デジタル

2023/11/6  

精神障害による妄想の影響はなかった」と訴えた。 また、被害者参加の遺族や代理人による「連名意見」が代表者によって読み上げられた。連名意見は被告人

山里亮太と宇賀なつみを凍りつかせた山之内すずの壮絶すぎる半生告白 - めるも

2023/11/6  

と同時に、ホラーサスペンスのごとき壮絶な経験を、過去にバラエティー番組やインタビューで告白していた。芸能デスクが解説する。 「祖母、母親、兄が精神障害

鑑定医2人、異なる見解 精神障害か性格の偏りか―京アニ公判 - 時事ドットコム

2023/11/6  

京都アニメーション放火殺人事件で、殺人罪などに問われた青葉真司被告(45)は、起訴前後で異なる専門医による精神鑑定が2回実施された。

検察側「完全責任能力あった」=弁護側は反論、中間評議へ―京アニ事件公判・地裁

2023/11/6  

当時は重度の妄想性障害だったとする鑑定結果を重視すべきだ」とした。 これまでの公判では、青葉被告の精神鑑定を担当した2人の鑑定医が証言した。検察側の

青葉被告に「完全責任能力ある」 - 埼玉新聞

2023/11/6  

検察側は、最大の争点となっている刑事責任能力に関する中間論告で「完全責任能力があった」と改めて主張。犯行に精神障害や妄想の影響があったとは言えないと

障害のある方のご家族向けセミナー2023」のお知らせ - マイベストプロ

2023/11/6  

ブログを更新しました!今回の担当は代表社員社会保険労務士・精神保健福祉士、小西です。11月23日に開催される、小西の所属する「親なきあと相談室小田原」

働く人のメンタルヘルスケアをどうする? 労働者のストレスやうつ病を改善 6つの対策を提言 東京 ...

2023/11/6  

研究成果は、「Lancet」に掲載された。 精神的な健康問題や精神障害は、労働者でよくみられる健康問題であり、本人と雇用主だけでなく

Copyright© 精神障害 | KURAGE online , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.