精神障害 | KURAGE online

精神障害 | KURAGE online

「 事件 」 の情報 

【真・治安論 第1部①下】こぼれる「再犯の恐れ」医療観察制度の限界 - 産経ニュース

事件を起こした触法精神障害者に刑事司法はどう対応していくのか。治安に関わる重要な論点を置き去りにしたまま時は過ぎ平成13年、大教大付属池田小事件が起きた。

明石・通り魔殺人25年 遺族発行の「風通信」に幕 支援者との新たなつながりも

逮捕された男は精神障害があり不起訴。息子の命だけでなく、裁判で真実を知る機会さえ奪われた。 事件から3年後、「犯罪被害者遺族の胸の内を

【我流〜社会部発】真の保安処分を論じない戦後日本の欺瞞

精神障害を理由に刑事責任を免れ、野に放たれた男の凶行。粗暴な〝犯罪者予備軍〟から社会の安全をどう守るのか。発生から20年となる事件は今

日置市男女5人殺害事件 弁護側が精神鑑定へ 鹿児島

一審の主な争点は岩倉被告の精神障害が事件に影響したかどうかで、裁判では岩倉被告の精神鑑定を行った2の医師の見解が対立していました。 、

茨城一家殺傷事件は「第2の酒鬼薔薇事件」なのか

岡庭容疑者は精神鑑定で「広汎性発達障害」と診断され、医療少年院に送られることになった。その少年院を出所した翌年に、今回の事件を

神戸・神出病院、凄惨な虐待事件から見えた難題

日本の精神医療の抱える現実をレポートする連載の第12回。 神戸市の ... 今回の事件が精神障害の当事者やその家族に与えたショックは計り知れない。

富山交番襲撃、地裁公判結審 被告、最後まで黙秘 /富山

弁護側は最終弁論で、被告が抱える精神障害が事件の動機に至る過程に影響したと指摘。8日の意見陳述で遺族が厳刑を求める中、被告は最後まで

取り調べ時の島津被告肉声 法廷で流れる

いっぽう、弁護側は、強盗殺罪は成立しないうえに被告の精神障害が事件に与えた影響が大きいとして、死刑を回避しようとしているとみられます

【閲覧注意】銃で撃たれても止まらない“最凶の暴走男”出現!! 完全にコントロール不能、警官も ...

世界各地で最近、精神障害者が警官に射殺される事件が頻発している。コロナ禍で精神疾患が悪化した々が暴走する一方、事件の対応に追われる

死刑判決を受けた男 法廷で暴れる 鹿児島・日置市5人殺害裁判

裁判では岩倉被告の精神障害が指摘されましたが、判決は「事件に影響があったことは否定できないが、程度は軽微」などと判断しています。

Copyright© 精神障害 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.